自園栽培・奥八女茶 茶の蔵

おいしいお茶の淹れ方

おいしさが詰まった最後の一滴「ゴールデンドロップ」

おいしいお茶を淹れる4つのポイント

4つのバランスでお茶の味は変わってきます。 

1.お湯の温度
2.茶葉の分量
3.お湯の量
4.蒸らしと注ぎ

※面倒でもはじめだけは、計量カップやクッキングスケールでお湯と茶葉の量を正確に量ってください。

ポイント1
【お湯の温度】

おいしいお茶を淹れる一番のポイントはお湯の温度

【高温で味わうお茶 / 熱 湯】

・ほうじ茶・玄米茶・和紅茶
熱湯で芳ばしい香りが立ってきます。

【中温で味わうお茶/ 70℃〜80℃】

・深蒸し茶・白折
低めの温度で淹れるとより甘味が増します。

【低温で味わうお茶/ 50℃〜60℃】

・玉露
独特の香り「覆い香」と、とろみのある旨みが味わえます。

◎お湯温度の目安

沸騰したお湯が100℃とすると…
そのお湯を別の器に注ぐと約10℃位下がります。その温度から

・ほうじ茶・玄米茶・和紅茶
熱湯で芳ばしい香りが立ってきます。

【中温で味わうお茶/ 70℃〜80℃】

→80℃に下がるのに約2分位
→70℃に下がるのに約5分位
→60℃に下がるのに約10分位を目安に

ポイント2
【茶葉の量】

おいしいお茶を淹れる一番のポイントはお湯の温度

茶葉の量は二人分で約7g
少し多めが、おいしいお茶を淹れるコツ

一度、茶葉の量やお湯の量を正確に量ってみましょう。
二回目からは目分量でできます。

ポイント3
【お湯の量】

お湯の量は想像より少なめ

・例えば、深蒸し茶一人分の適量は60㎖。
 この量はヤクルト1本分80㎖より少ない量になります。

ポイント4
【蒸らしと注ぎ】

・蒸らしの時間が短いと味気なく、長すぎると雑味がでてしまいます。

・急須から最後の一滴まで注ぎきることがとても大切。最後の一滴に旨み成分が詰まっています。
・2煎目からは蒸らす時間は不要で、3煎位まではおいしくいただけます。
・2〜3煎分をまとめて大きめの容器に注いだ方が、時間をおいて淹れるより格段においしくいただけます。お茶の濃さが均一にもなるのでおすすめです。

なれてきたら、自分好みにアレンジ

早くて簡単!おいしい冷茶の淹れ方

暑い日の急なお客さま。
ジュースやペットボトルのお茶では…。
実は、おいしい冷茶が手早く淹れられる方法があります。
  ほんのり甘くて、お茶の旨みが口に広がる冷茶。
後味すっきりで夏にぴったりのおもてなし茶です。

急須にお茶7gと氷3〜4個を入れます

お湯は150cc 少なめのお湯を注ぎます 

1分位たったら急須をかるく10回ほどまわしてグラスに注げば
驚くほどおいしい冷茶の出来上り!

おいしい水出し茶の淹れ方

【フィルターインボトル の場合】

お湯を使わずに水だけでつくる水出しもおすすめ。
クリアでお茶本来の旨みがしっかり味わえて驚きのおいしさです。

茶葉15gと750㎖の水をボトルにいれます

冷蔵庫で3〜6時間ほど冷蔵庫で抽出したら出来上り

・すぐに飲み切らない場合は、茶葉は取り除くか、別の容器に移し替えてください。
茶葉を抽出しすぎると雑味や渋味がでてしまいます。

・必ずその日のうちにお召し上がりください。

  

ほうじ茶や和紅茶でつくるアイスティー

ほうじ茶や和紅茶も水出しでつくると
雑味が少なくホットとはひとあじ違うおいしさが楽しめます。

ほうじ茶の冷茶は食事やお風呂上りにぴったり
芳ばしい味わいがくせになります

和紅茶ならではのやわらかい風味が魅力
レモンやミント、フルーツを入れるアレンジティーもおすすめ

FOLLOW US

自園栽培・奥八女茶 茶の蔵
  • 営業時間 9:30〜18 :00 (火曜休)
  • 国道442バイパス亀甲信号から南へ スグ
    〒834-0065 福岡県八女市亀甲 546-1
  • TEL:0943-24-8606 FAX:0943-24-8606